学校の旅行としおり

学校の旅行としおりについて

学校で行く修学旅行のしおり

学校で配布される修学旅行のしおりには、改めて読んでみるとけっこう厳しい言葉が並んでいます。服装や持ち物、現金の規定まで…お子さんの性格にもよりますが、先生の方も生徒がすべてを守るとは思っていません。学校によっても違いますが、子供が同級生とよく相談して持ち物など決めるよう声をかけておくのがいいでしょう。親として気をつけるところとしては、タバコや危険物を入れていないかを確認すること、現金を持たせ過ぎない、というところでしょう。あとは子供が自分で責任をとれる範囲で自主性に任せておくのが一番です。携帯持ち込み禁止でありながら、お子さんが持って行くというのであれば、見つかるリスクを自覚し、自分で対処する念押しをしておけば問題ないでしょう。

修学旅行を通じての学び

学校行事の一つとして修学旅行があります。いよいよ卒業を間近に控えた時期におこなわれるのが常ですが、その他の行事や受験シーズンなどにかぶらないように早めに実施する場合もあります。修学旅行という環境に置かれることによって、これまで学校内だけでみてきた仲間の違った面を発見することができます。親睦が深まるにつれて、終了後や卒業後に友情関係が強まることも多くあります。共同生活を送ることでの協力することの大切さや、お互い同士が支えられて生きていることを体験する時間は、人間としての成長に大きく寄与することになります。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の旅行としおりについて All rights reserved